リーグ1 モナコ vs リール 

2022-05-07 14:56

昨シーズンのリーグ1王者であるリールは、今シーズン、深刻な成績不振に陥っている。 リールは、ガージ監督退任後の今シーズン、開幕から苦戦し、最下位に低迷している。 リーグ戦ではここ6試合で1勝しかできず、昨年の優れたディフェンスは今や冗談のようだ。ヴォンテがまた1つ年を取り、体調不良でポジションを失い、相手の突破を見ることになった。 相棒のポートマンやジャロウは若く経験も浅く、リールのバックライン全体が今、苦しい状況にある。

ここ5試合でクリーンシートは1回のみで、気合の入ったモナコ相手に攻撃を制限するのは難しいだろう。 リールの中盤は良いものだが、何人かの選手は攻撃に弱い。 サンチェスは中盤で最もクリエイティブなオーガナイザーだが、彼が狙われると攻撃は翻弄されることになる。 前線にはダビドのような才能ある若手と、ユルマズのようなベテランがいるが、ダビドはすでにキャンプに入っているし、ユルマズの体力は問題だ。 総じて言えば、リールは長所と短所がはっきりしているチームなので、ほとんどの試合が一点突破で決まるし、ここしばらく低迷している強豪相手に敗戦は必至だ。

サッカーユニフォーム

昨シーズン3位だったモナコも同様に、リーグ戦では6戦を終えてわずか1勝と不振で、さらにUEFAカップでは成績は上向いたものの、ダブルヘッダーで明らかに調子を崩してしまっている。 昨年末、成績不振のコバチッチ監督をクラブが正式に解任した。 しかし、後任のクレメントは、すぐにチームに影響を与えることはできなかった。 チームが本当に良い状態になったのは、UEFAカップ敗退後、リーグ戦に集中するようになってからである。 ブラガに敗れたモナコは、リーグ戦に復帰し、ホームでパリ・サンジェルマンを3-0で破った。

中盤では、ロシアの若手選手ゴロビンが自分の居場所を見つけ、ボールを保持し、組織化する能力がチームの攻撃的な前進のカギとなり、レアル・マドリーのハンター、ジョー・アルマーニとリーグ1トップのB2Bフォファナが彼の横に並び、ロシアの才能はクリエイティブで自在にパスを出すことができる。 バランスの取れた中盤、リーグ1第3位のディフェンス、そして最近好調のモナコを倒すには、ちょっとした運を当てにしなければならないだろう。

この試合はモナコが国民の支持を得ている、何しろリールの最近の調子が低く、モナコはチャンピオンズリーグ復帰のために勝ち点がどうしても欲しい、何しろ選手の力と今の調子では、パリ、レンヌ、ニースなど多くのリーグ1の強豪チームに勝てるので、調子が悪いリールとの対戦自体は問題ないのである。 一方、リールはというと、やはりクラブとしては、リーグ戦の最終結果よりも、夏に選手を高く売ることを考えているようで、少し神経質になっているようだ。 もちろん、モナコのジョアン・アメニも多くの巨人が目をつけているが、チームがチャンピオンズリーグに進出できれば、当然、彼の値段も高くなる。 まとめると、チームの調子も勝利への意欲も、モナコがアウェーで支障をきたす理由はない。