リーグ1:パリサンジェルマンvsマルセイユ

試合時間 :04-18 02:45

1.パリとマルセイユは、リーグ1での対戦が85回目となり、84試合でそれぞれ32勝20分け32敗と拮抗しているが、パリはリーグ1でのマルセイユとの直近19試合で1敗のみ(14勝4分け)、マルセイユはリーグ1でのパリとの直近7試合で5敗を喫し、シャットアウトされた形だ。

2.パリはリーグ1でマルセイユと対戦した直近のホーム11試合で1敗しかしていない(9勝1分け)が、それ以外は2020年9月のリーグ1でのマルセイユとのホーム最終戦で0-1で敗れたのみである。

3.パリはリーグ1での直近2試合(5-1ロリアン、6-1クレルモン)で11得点を挙げ、リーグ1での1試合での5得点以上はチーム史上3度目で、過去には2018年10月(5-0リヨン、アミアン)、2017年5月(5-0バスティア、サンテチエンヌ)にもありました。

4.パリはリーグ1での直近のホームゲーム18試合で無敗(17勝1分け)、その間に48ゴールを挙げており、これは現在リーグ1で最も長いホーム無敗記録を更新している。 また、リーグアンでは直近のホームゲーム7試合を全勝しており、これは現在のリーグアンにおける最長のホーム連勝記録である。

サッカーユニフォーム

5.パリ(124)とマルセイユ(100)は、今シーズンのリーグ1で100回以上の攻撃(スポーツプレーで10回以上の連続パスを出し、相手ペナルティエリア内でシュートまたはタッチに至る)を記録した唯一の2チームである。 また、今シーズンのリーグ・アンでは、平均ポゼッション率(グラン・パリ63.7%、マルセイユ61.2%)、パス成功率(グラン・パリ90.6%、マルセイユ88.1%)が最も高いのも特徴だ。

6.リーグ1のグランパリ対マルセイユ戦で、ムバッペ(6ゴール)より総得点が多いのはイベ(7ゴール)のみ。

7.グレーター・パリのイカルディは、リーグ1でお気に入りの相手であるマルセイユに対して3得点を挙げている。 現在リーグ1に所属する選手の中で、今シーズンのリーグ1での総タッチ数に占めるボックス内でのタッチ数の割合が最も多い(2.35% – 255タッチ中60タッチ)。

8.パリのポチェッティーノ監督とマルセイユのサンパオリ監督、2人のアルゼンチン人監督は、ファーストレグを0-0で引き分けた後、2度目の対戦となる。 その前に、2020年2月2日まで遡ると、リーグ1でフランス人以外の同じ国籍の監督同士が直接対決したことがある。 それはポルトガル人監督同士の対決で、スーザはAVB監督のもとボルドーを率いてマルセイユと0-0の引き分けに持ち込んでいる。

9.パリ・サンジェルマンとマルセイユのリーグアン84試合のうち65試合が総得点3点以下、パリのホームでの42試合のうち35試合が総得点3点以下という結果になっている。

10.2006-07シーズン以降のパリ・サンジェルマンとマルセイユのリーグアン30試合のうち23試合が総コーナー数10以下、うち12試合がパリのホームで行われた試合。

パリ サンジェルマンのモラルは素晴らしい

2022-04-23 20:13

016 リーグ1 パリサンマン vs レンズ

パリサンジェルマンのプレースタイルの特徴:セットプレーからの守備が得意で、フリーキックの突破力に優れ、中央突破の攻撃に使われる。 チャンピオンズリーグから脱落したパリサンジェルマンは、リーグ戦6戦を終えて5勝1敗となり、現在4連勝中である。 前回のリーグ戦でアンジェに3点差をつけて勝利したパリ・サンジェルマンは、最近4連勝を届け、士気も非常に高まっている。 レンズとの過去10回の対戦のうち9回が無敗であり、心理的なアドバンテージがある。

サッカーユニフォーム

勝ち点53で現在7位、欧州大会まで勝ち点3しかない。 チームは最近、リーグ戦3試合に全勝し、2試合で7得点、相手をシャットアウトするというゲームスタッツを叩き出しており、攻守両面で好調である。 しかし、これまで5枚のレッドカードを受け、比較的攻撃的で無謀なディフェンスをしている。 今回の対戦相手は最強のパリですから、レンズの遠征はとても無理だと思います。

総合分析:両チームの最近の対戦成績によると、パリとレンズの過去10回の対戦は、今シーズンの初対決での1-1の引き分けを含め、5勝4分け1敗という結果となっている。